介護ソフト One

介護事業の基礎知識から介護ソフトのことまでご紹介します。

介護ファクタリング_介護の基礎知識

介護ファクタリングはご存知でしょうか?
介護ファクタリングとは介護報酬債権を介護ファクタリング会社が買い取ることで早期に資金化できるサービスです。

通常であれば国保連請求から約1.5ヶ月後に国保連から支払われる介護報酬を国保連請求から最短5営業日で介護事業所様に入金されるサービスになります。 
介護報酬債権が発生しない保険外のサービスでの売掛金に関してはご利用いただけません。

 

今回、介護ファクタリングの特徴や、メリット、デメリットについてご説明していきます。

 

日本政策金融公庫の審査や手続きは最短でも1か月かかってしまうため、資金調達が間に合わない方で、売掛金がある方は、ファクタリングで資金調達する方法を検討してみても良いかもしれません。

 

介護ファクタリングとは

介護ファクタリングとは、国民健康保険団体連合会(国保連)への介護報酬(レセプト報酬)をファクタリング会社が買い取り、早期に現金化する資金調達法です。

介護ファクタリングのメリットとデメリット

5つのメリット

1)特定の担保が要求されない

介護報酬債権が安全性の高い債権であるので、介護報酬債権自体が担保価値を持っているためです。

2)事業所の規模が大きれば、調達額できる額も大きい

事業所の規模が大きければそれだけ介護報酬も大きくなりますので、ファクタリングによる調達額も大きくなります。
また、ファクタリング会社によっては、債務超過状態でも審査に通る可能性があります。

3)比較的審査が通りやすい

支払いは国保連であるので、倒産の心配もなく、介護報酬債権の回収がほぼ確実であるため、審査が通りやすい傾向があります。

4) 立ち上げたばかりの事業所でも利用が可能

法人立ち上げや開業直後、複数事業所を運営され事業所増店されている介護事業者様でも利用が可能です。

5)現金化までの時間が短い

通常、介護報酬請求(国保連請求)から入金まで2ヶ月かかりますが、ファクタリングを活用した場合請求した報酬の8割が約5営業日後に資金(売掛金)が口座に振り込まれます。

1つのデメリット 

1)手数料が高い

介護ファクタリングは、手数料が0.8%〜3%/月と比較的割高になります。